皐月 望由 

 この占い師名から始まり 

「由」 「この字は終わってる」と伝えられたあの日 

「由」の字は そもそも 私方の方の名前の由来じゃない 

 この名前で私は 「自由な見方」 

 色々な角度から見る物事や 感じる心 

 その違いを教わり そして 

 「心の自由」がなにであるかを 教わった 

 その時のテーマが私にとって「由」だったこと 

 

「この字は終わってる」 

 

それは私自身に既にもう 経てきたものと

 糧になっているという意味で 

 大切な大切な私の学びが得られた 

 と言う意味だったのかな と

 

その当時の私はとても強かった(笑) 

 きっと「由」の時は 強さで人を惹きつけ 

 「言い切る自分」だった 

 

その強さは 今の私には眩しいほどに(笑) 

 でも そんな中で きっと今度は 「寄り添い」 

 もっと優しさが必要だったんだと思う 

 

そうして名付けられた 皐月 望優 


 見方をかえて 

 心を自由にしてもらいたい 

 でもそれは 「私のエゴ」ではなく 

 「その方にとって」 どちらかと言うと 厳しい自分(^_^;)(笑) 

 厳しさの中の優しさを 自分では伝えていたけれど 


「セラピー」 「癒しを」 

 

スパルタ(笑)で教育するばかりではなく 「寄り添い」 


心を解してもらいたい 「セラピスト」に転向 

 

望優から 丸4年 

セラピストから 3年近く 


 その経てきた 自分の学びと気づきと 

 その得てきた 自分自身の心と経験と 

 

見方をかえることができた心は 

 一つの物事を見るのではなく

 広げた見方を出来ることで 自由となり 

 

自由な心は 「自己中心的」 ではなく 

 解放で 「自分を大切にする心」 

 

そんな自分を感じられたら 

 同じ様に苦しんでる人を少しでも ほんのちょっとでも 

 「心の向き」かえて 心が笑顔になってもらえる様に(*´∀`*) 

 

そんな心の温かさに繋がり 

 

「自分一人だけじゃない」 


 「沢山の人がいる」 

 

自由は 独り ではなく 沢山の生命と共にあること 

 

「自由な心で 全てに優しさをもち」 

 「人を大切に」 

 「絆」 人々を 

色々なものを 「その心で また 結んでいく」 


 あの時 「この名前(望優)も 変わる時期が来るよ」 

 と言われたけれど 

 その意味が今になって理解出来たこと


  皐月 望優 から 皐月 望結 に  改名します 


 何度もかわってしまいましたが(^_^;) 

 これで最後です


 改名したからと言って  

 何も自分は変わらず(^_^;) 

 これからも日々気づきと学び まだまだな私ばかりで(><;) 

 偉そうなことなんて一つも言えないけれど(:_;) 


 生きている限り  「生きていき」たい 

 そして そんな自分で 少しでも 

お役に立てたら嬉しいばかりです( ´艸`) 


 表ながら 陰ながら 支えてくれる皆様 

 本当にありがとうございます 


 これからもこのドジ人間に呆れず(^_^;) に よろしくお願いします( ´艸`)

皐月 望結

タロットセラピスト ~Notice & Realize~  深い深い海 深海(心の深層)に入り 「心を知ってもらう」 気づいていただける様に そして 深海から澄み渡った青い空へ  心の解放に

0コメント

  • 1000 / 1000